自由と言う名の下に法律があります

私たち人間はこの世の中に誕生したその時点から大凡、法律の元に守られていると言う事が言えます。
何故なら、私たちがの世の中に存在していると言う事は私たちを産んでくれた人物が存在すると言う事です。
そしてその人物は大凡、法律の下で結婚と言う、社会で認められた規律の中で子供を出産したと言う事になります。
婚姻届を提出して、その時点で社会から認可された訳です。
その時点で、国が認める民法に準じていると言う事になります。
生まれてすぐの人間はとにかく自由です。
何をしても許されます。
けれどもその限界はあります。
子供から成人に変わるときです。
20歳を境にして、社会は人を成人したとして受け入れます。
それまで青少年としての判断だけです。
ですが、青少年としても世の中が認める悪い事をした場合には、それ相応の処分を課すことになります。
例えそれが子供であったとしてもです。
社会一般に表面化はされないですが、未成年と言う事で成人前の青少年の保護と言う事になります。
但し成人後は表面化されると言う事です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿

  • 様々な事でも法律が守ってくれます

    人は誰でも同じと言う事はこの世の中にはないです。
    人は全て異なります。
    だからこそいろん …

    続きを読む...

  • 多重債務者の法律相談は専門家にする

    借入れ額が大きくなる多重債務の状態に陥ると、返済能力を超えた借金となってしまいます。
    消費者金 …

    続きを読む...

  • 現代日本人の法律に対する知識の欠如

    知っていたでしょうか。
    私たちが普段何気なく行っている行動で法律に違反することが少なからずあり …

    続きを読む...

  • 人生の中で知っておいたほうがいいこと

    法律についてですが、法律は様々あります。
    とにかくおおいです。
    ですから、専門の方もとて …

    続きを読む...

お知らせ

一覧